2016.4.haru

長らく自分の慢性疲労を治したい為、多くの健康法を試してみました。もちろん漢方や西洋医学の病院にも行きました。病院治療では更年期障害の治療であるプラセンタ注射以外はどれも効果なし。マッサージではタイ古式マッサージや通常のボディマッサージを受け、水泳、断食、玄米菜食(マクロビ)、自然食、砂浴、ヨガ、太極拳、命の貯蓄体操、エアロビクス、ジャザサイス、スポーツジム、ビタミンC、カルシウム、天然酵母などの補助食品。これらの自然療法はいくつか効果があるものもあり続けているものもありますがやはり、一番効果があるのは若石健康法でした。まずは、自分が妊娠できました。私が揉むと夫の疲労も回復しました。ただし、自分の足を揉むのはむずかしいですね。まずは、ふくらはぎと太ももをローラーで揉んでから足裏を専用クリームと色々な種類の棒等で揉みます。自分の足裏を強く疲れず揉むのが難しいのですが、健康チェックになり、また毎日揉む必要があるので自分で揉むことは必然なのです。プロとして「自分の健康を維持できるようになる」事が最大の目標です。私の場合、他人の足もみや健康づくりは比較的簡単なのです。この仕事は健康法として最高なので、人のためになるというやりがいのある仕事なのです。2016.4.ラッキー